株式投資初心者ガイド > 株式投資をする前に > 株式投資にかかる税金

株式投資にかかる税金

株式投資をして株の売却利益や配当金を受けとるとその分税金がかかります。

株式投資の税金を納める方法

税金を納める方法はいくつかの種類があります。

自分で税金を計算して、自分で確定申告をして納税する方法と自分の証券口座が一般口座だったら自分で株式投資の利益を計算して、「株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書」に記入して確定申告書を提出します。

「源泉徴収なしの特定口座」だったら1年間の損益は証券会社が計算してくれるので、後は、確定申告の手続続きは自分で行います。

「源泉微収ありの特定口座」だったら証券会社が株の売買のたびに計算して、源泉徴収を代わりに行ってくれて納税も代行してやってくれます。2種類の特定口座

どの方法が便利か?

株式投資 税金

自分で確定申告するのは、やはり面倒なので「源泉徴収ありの特定口座」を選んでおけば問題ないでしょう。

「源泉微収あり」と「源泉徴収なし」は毎年好きな方を選べるので必要に応じて好きな方を選べば良いと思います。

確定申告をした方が良い場合

「源泉微収ありの特定口座」を使っている人でも、株取引の損失を3年繰り越す場合や証券口座を複数持っていて、損益の通算をする場合などは確定申告をした方が良いでしょう。

特に株の損失を繰り越す場合は確定申告しないと認られないので注意して下さい。

スポンサードリンク

株式投資初心者ガイド > 株式投資をする前に > 株式投資にかかる税金

ページのトップへ戻る