株式投資初心者ガイド > 株式投資について > 株主のメリット

株主のメリット

株式投資を始めて株を買ったとしたらその時、株主になった自分にどんなメリットがあるのか紹介します。

株主総会に出席できる

株を買って株主になると、株主総会に出席できます。

そして会社の経営に参加できる義決権という権利も得られます。

そうなると自分の経営に対する意見などを経営陣に言う事ができるようになります。

値上り益を期待できる

株式投資 株主自分が株を買った値段よりも、株価が高くなっていたら、その時に株を売って値上がり益(キャピタルゲイン)を儲ける事ができます。

でも注意して欲しいのはいつも利益が出る訳じゃありません。

値下がり損(キャピタルロス)といって損が出る事もあるからです。

株主配当がある

株主になると株主になった会社から配当をもらえる権利が発生します。

配当とは、会社が儲けたお金を株主に還元してくれる制度の事で自分が持っている株数と会社の業績によって配当金を株主に払う仕組みです。

配当金がもらえる回数は会社によって違うし、業績によってはもらえない時もあります。

株主優待がある

株式投資 株主株主優待とは会社から株主へのちょっとしたプレゼントみたいなものですがこの株主優待が無い会社もたくさんあります。

株主優待はだいたい、その会社が作ってる製品をもらえたり、サービスが受けられるのがほとんどです、有名なのはマクドナルドの株主になると割引券がもらえるとかです。

株式分割がある

株式分割とは株価が高くなってきたので、一般の投資家が株を購入しづらくなったりした時に実施されたりします。

名前の通りに株を分割して1株の値段を低くして広く株を買ってもらえるようにする事です。

そうすると配当金が多くもらえるなどのメリットもでてきます。株主のメリット

スポンサードリンク

株式投資初心者ガイド > 株式投資について > 株主のメリット

ページのトップへ戻る